株式会社ダイムスが運営する「Minpak」が、特区 民泊 簡易宿泊所など条例や法施行規則に対応したセルフチェックインシステムBookinを正式に販売開始

2018年8月23日

 

株式会社ダイムス(本社:東京都墨田区、代表:榎木園 翼、以下ダイムス)は、特区 民泊 簡易宿所 ホテルなどに対応した宿泊施設向けのセルフチェックインシステムBookin(ブックイン)を開発し正式に販売を開始しました。

これまで、自宅を民泊としてairbnbなどで開放している部屋や簡易宿所、ホテルではチェックインの際にフロントで宿泊者情報の記入やパスポートコピーを取得することが一般的でした。また、民泊や簡易宿所が急増する中でフロント(帳場)を設けない無人の宿泊施設が増えており、宿泊者名簿の取得が困難な状況でしたが、Bookinを導入することでゲストによる宿泊者名簿作成からパスポートのコピー撮影、本人確認のためのビデオコールまで電子宿泊者名簿のペーパーレス化が実現できるようになりました。

 

ダイムスでは「Bookin」の導入に先立ち、Minpak(民泊)が運営管理する東京、京都の物件で8月23日より導入を開始しております。

ダイムスでは今後、同サービスの利用範囲を宿泊施設を運営されている個人、法人に向けて導入を広げる予定です。

なお、「Bookin」の特徴、価格、活用の概要は別紙のとおりです。

 

「Bookin(ブックイン)」では、次のようなことが実現できます。

・滞在期間、氏名、住所、職業、国籍、旅券番号、パスポートコピーを取得し宿泊者名簿作成
・Skypeでビデオコールによる本人確認
・宿泊者名簿、パスポートコピーはメールで受信しペーパーレス化
・宿泊者が入力している最中に通信回線が途切れてしまった場合でもバックアップを作成
・バックアップされたデータは通信回線が復旧した際に管理画面から宿泊者名簿、パスポートコピーの送信が可能なためデータ紛失を防止

 

業界最安値に近い価格で提供:wifiプラン2.778円(税別)/SIMプラン3,704円(税別)

 

Bookinロゴ

 

 

Bookin URL:http://www.bookin.min-pak.com/

機能紹介動画:https://youtu.be/2TzpSz7RGf0

 

 

観光立国として、インバウンド市場が急速に伸びているなかで「訪日外国人旅行者にとって価値ある体験を」というコンセプトのもとに、ダイムスはMinpak(民泊)サービスを提供しています。

訪日観光客が2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客を年間2,000万人から4,000万人へ約2倍に増やすという計画を掲げている中、東京オ リンピックに向けて「国家戦略特区」で旅館業法の規制緩和を発表するなど、ホテル等の宿泊施設の絶対数が不足しAirbnbなどのサービスを通じて訪日外国人旅行者を泊める「宿泊施設」が日本で急速に広がっております。

ダイムスでは今後、訪日外国人観光者の様々なニーズに対応できるよう、サービスを提供して参ります。

 

【株式会社ダイムス】
設立日:2015年8月
本社所在地:〒130-0004 東京都墨田区本所1-7-3-801
事業内容:インバウンドマーケティング、Airbnb運用代行事業、旅行業及び旅行業者代理業事業、観光情報の提供及びツアーの企画・運営
公式サイト:http://www.daimus.jp/
Minpak(民泊)公式サイト:http://www.min-pak.com/